メジャー通貨、マイナー通貨のメリット・デメリット

sdfh84l8re ユーロやドル等のいわゆる「メジャー通貨」を選ぶメリットとして、その「安定性」が特筆すべき点と言えます。メジャー通貨は扱われる量が多い分、値動きはゆるやか。通貨の価値が一気に下がって紙屑同然、というような危険性はほとんどありません。

反対に「マイナー通貨」については、その「危険性」がネック。通常でも相場のアップ・ダウンが大きく出やすく、最悪の場合には国家の財政破綻やそれに準じた危機的状況により、通貨の価値が「0」となる恐れも考えられます。

しかしマイナー通貨については、そのリスクの分のメリットもある点は留意するべきでしょう。マイナーは金利が高めであり、高い収益を期待できるのです。


レファレンス: 【ハイローオーストラリア.co】

■メジャー通貨・マイナー通貨、どちらを選ぶ?

FXにおいて「メジャー通貨」と「マイナー通貨」のいずれを選ぶかというのは、個人によって考え方が異なるため、「必ずしもこれが正解」というものはありません。しかし「メジャー通貨」をメインに置く方法を取るのが投資家達の主流であり、投資初心者にも向いていると言えるでしょう。

例えビギナーがマイナー通貨を選択したとしても、マイナーがメジャーの影響を受けることが多々あるため、いずれにせよメジャー通貨の知識・情報の収拾も必要となります。リスクが高い上に、マイナー・メジャー両方の情報を集める時間と手間が必要となるのです。

上級の投資家でも、メジャー通貨をメインとする人は比較的少なめ。いくら収益が大きく出るという長所があるにせよ、予測が難しく、手間をかける必要があるというのはプロにとっても大きな欠点なのです。

だからと行って、マイナー通貨をメインとする人が居ないわけではありません。高い金利や、短い時間で一気に大きなリターンを見込める点を「メリット」と考えて取引を行い、成功を収めている人も沢山居ます。

■初心者におすすめの通貨とは?

投資ビギナーにとっては、やはり「メジャー通貨」を選んだほうが無難と言えるでしょう。メジャー通貨取引を行ううちにFXについての知識も蓄えられますから、満を持してマイナー通貨に取り組むという方法も一つの手です。

また必ずしもマイナー通貨に移行しなくてはならないわけではなく、安定性を求めてメジャー通貨のみの取引を継続していくこともできます。

FXで大きなリターンを得るための方法は一つとは限りません。自分に合った方法を見つけることが第一ですから、まずは無難なメジャー通貨から始めて、徐々にスタイルに合った投資方法を探し、それを続けていきましょう。